}); うつ病の原因、その時家族に出来る事は?

未分類

今日は、積極的精神で生きる重要性についてお話していきます。

うつ病や精神的な病で悩んでいる人は、皆に共通している心理状態があります。それは、間違いなく消極的な心理状態です。


例えば、「今日は暑いな何もする気が起きない」とか「もう人生何も良い事がない、いっその事死んでしまいたいわん。」など、このような心理状態を消極的思考と言います。

このような心理状態では、いつまで経っても良い精神状態にはなりません。逆に悪くなる一方です。

ではどのような心理状態で居れば、精神的に前向きな状態、精神的に安定してくるのかと言いますと、積極的精神状態を日ごろから心がけて生活をしていれば、自然と精神的に不安になったり恐怖感も感じる事は減り、安定した精神状態へとなっていきます。

もちろん、今までお話してきた睡眠や脳に良い食事、運動、太陽に当たるなどもした上でのお話です。積極的精神だけを心がけても、睡眠や脳に良い栄養を全く摂らなかったら、良くはなりません。

では、積極的精神とは具体的にどのような精神状態の事をいうのか、どのような状態を積極的精神と言うのかについてお話していきます。

簡単に説明すると積極的精神とは、「今日は暑いな、暑いから益々やる気が出るな」とか「今回のゴールデンウィークは、ゆっくり家族と楽しむ事が出来た、来週からの仕事はまた頑張れるぞ、鋭気を養えたぞ」

このような思考、考え方で居ると向こうから良い精神状態が勝手にやってきます。

また、積極的精神と共に日ごろから不平不満を言わない癖をつけるのも大事です。

人間の言葉には、言霊というのがあります。この言霊というのは、発言した後にも残ります。人間が「もう最近暑くてうんざり、何もやる気がわかない」などと不平不満を口にすると、周りの人達にもその言霊が伝染し不穏な空気になります。

そしてその言葉を聞いた人たちもやる気を失い、負の連鎖が始まります。嘘みたいですが本当の話です。

このような事を避け、積極的精神で常日頃居る心がけをし、不平不満を言わない、不平不満を口にする事は、自分自身を自らを辱めている事と同じなんです。

なるべくと言うか、言わない習慣を身につけましょう。

今日書いてきたお話も、最近4回ほど熟読した中村天風先生の本に書いてあった事を引用しご紹介しました。中村天風先生の凄い所は、死しても尚世の中に価値を与えている所だと思います。

中村天風先生の本は、とても高価で新品ですと1万円くらいします。中古でも4000円くらいしますが、それだけの価値がある本です。私は、あと6回は読みます。

精神的病で苦しんでいる方は、1度読んでみると考え方が変わる本です。

アマゾンなどで「成功の実現」で検索すれば出てきます。

それでは、今日はこの辺で、ありがとうございました。